愛媛県から葬儀依頼 令和2年7月 小林斎場で火葬

大阪市立小林斎場で火葬のお手伝い葬儀実績

愛媛県の息子様より葬儀依頼

愛媛県の息子様より大阪市西成区にお住まいのお父様が逝去したので、できるだけ料金を安く葬儀をお願いしたいとご依頼をいただきました。

お父様は単身で西成区で生活保護を受給されていたとのこと。お電話の内容的には当社のホームページ掲載している「大阪市 福祉葬プラン」をご覧になられお電話をいただいたご様子で、費用負担なく火葬だけして欲しいとのことでした。

お父様のみ単身での生活保護受給のため、葬儀費用の負担は息子様になります。また息子様が大阪市民ではありませんので「大阪市葬祭扶助の申請はできません」この旨をお伝えし、シンプルに火葬のみおこなう葬儀プランですすめさせて頂くことになりました。 詳しくは葬祭扶助の申請が認められなかったときをご覧下さい

息子様とお話をして、火葬日の前日に大阪入りするとのことでしたので、当社スタッフにて故人様のお迎え、お手続きをすすめ火葬日まで故人様をお預かり安置致しました。

火葬前に小林斎場で故人とお別れ

お見送りは息子様ご夫婦2名のみ。小林斎場の休憩室で待ち合わせし、霊安室にてお父様との最後のご拝顔・お別れとさせていただきました。途中のコンビニでお父様お好きだった「ビール」をご持参されていたので、缶のままお棺に入れることはできないので、ビニール袋に移してからお棺にお納め頂きました。

お父様と最後のお別れができてよかったと喜んでいただき、お寂しいですが火葬とさせていただきました。2時間20分程、斎場内にある休憩室でお待ちいただき、お骨上げを終え式次終了となりました。

亡きお父様のご冥福をスタッフ一同お祈り申し上げます。

他府県からの葬儀依頼について

お電話で「すぐ火葬できますか?」と言われます。とくに他府県から大阪にすでにお越しになっておられ、故人様を病院や警察にお迎えに伺い、そのまま火葬場に搬送して火葬して欲しいとおしゃる方がよくいらっしゃいます。

すぐに火葬できない理由として

  • ご逝去後、24時間以内は火葬できない(例外あり)
  • 火葬日の火葬予約を取ることができない
  • 火葬許可書の発行手続き

このような理由からご逝去後、すぐに火葬を行うことができませんのお含みおき下さいませ。ご質問はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

今回の葬儀費用 詳細

・プラン大阪市 直葬プラン99,000円
・火葬料大阪市立 小林斎場10,000円
・故人ご安置料2日間0円
・追加品お別れ花3,300円
・お支払い総額 112,300円

燃えないものはお棺に入れれません

よく故人がお好きだったものとして「缶ビール・缶コーヒー」などをお持ち頂くことがありますが、缶類などの燃えないものはお棺の中に入れることができません。

今回のようにビニール袋などに移し替えての対応でよければお棺に副葬品としておいれいただけますのでご相談下さい。

お棺の中に入れれる副葬品についてはこちらから

お問い合わせ

電話で問い合わせ
格安葬儀のプランを見る


タイトルとURLをコピーしました