白木位牌とは

白木位牌と本位牌の違いについて 家族葬での質問

白木位牌と黒塗り本位牌の違いについて

お葬式のときにご家族様から、自宅の仏壇の中にある位牌と、お葬式の時に使用する位牌はなぜ違うのかとご質問を頂きましたので、こちらのページでご説明致します。

一般的にお仏壇の中にあるご先祖様のお位牌の色は「黒色」ですが、お葬式の時に使用する位牌は「白木」のものを使用します。これにはちゃんと意味があるからです。

白木位牌とは

白木位牌とは忌明け(四十九日)までの仮の位牌になります。

四十九日までは「新仏」扱いとなり、四十九日をもってお仏壇にお入りになります。お葬式を経験された方ならご存じかと思いますが、お仏壇の横などに「仮の白木祭壇」を葬儀屋さんが準備し、白木机の上で故人を祀るのが一般的です。

お仏壇にまだ入れないので、白木位牌や遺骨、遺影写真などと一緒に四十九日まで、お仏壇とは別にお祀りします。

黒塗り本位牌とは

お仏壇の中にはご先祖様の位牌が納められていると思います。

お葬式の際に用意する白木位牌ではなく、黒塗りの本位牌が納められているはずです。これは四十九日を過ぎたので、白木位牌から本位牌になったからです。

四十九日をもって「白木から黒塗りになる」とお考え下さい。

本位牌を用意するタイミング

四十九日を迎えると、白木位牌から黒塗り本位牌にかわるので、仏具店などに早めに手配することをおすすめ致します。

お寺様をお招きし、四十九日の満中陰法要を行うときのは必ず必要になりますのでご注意下さい。なお仮の位牌として使用していた白木位牌は、お寺様にお渡しし供養して頂くのが一般的です。

本位牌を使用しない宗派も

浄土真宗につきましては本位牌などは用意せずに、過去帳などの法名(戒名)を書き留めて、本位牌代わりとする宗派も御座います。

地域・宗派により異なる場合が御座いますので、お付き合いされているお寺様にお尋ねするのが一番よいかと思われます。

おすすめプラン

費用を抑えた家族葬プランをお探しならご相談下さいませ。格安費用でワンランク上のお葬式内容をご提案致します。

式場料金・火葬料が含まれた格安家族葬プラン

大阪市公営の葬儀式場

お問い合わせ

24時間体制で「申込・相談」の受付をおこなっておりますので、お気軽にご相談下さいませ。

電話をかける
メールで確認する
タイトルとURLをコピーしました