子供や妊婦の参列について

赤ちゃんや子供を葬儀に連れて行く際に注意したいこと家族葬での質問

赤ちゃんや子供を葬儀に連れていっても大丈夫?

赤ちゃんや子供連れて葬儀に参列するのはとても気を使うものです。とくに小さな子供は、普段と違いたくさん人がいるだけでテンションが上がるお子様も少なくありません。

また赤ちゃんの場合は、お寺様の読経中に泣いてしまし、周囲に迷惑をかけてしまわないかと心配する方も少なくありません。

親族のお葬式でなければ、できる限りお葬式に連れていかないほうがよいでしょう。ただし、親族の場合はそうはいきませんので、お子様を葬儀に連れて行く際のマナーをご紹介します。

子供が泣きそうな場合どうすればいい?

お子様連れでお葬式に参列する際に気になるのが、子供が泣き出したとき、言うことを聞かずに「走り回ったり」する場合が御座います。

読経中に子供が泣き出した場合は速やかにお父様ならお母様が、お子様を連れて式場外に子供を連れて出ることをおすすめ致します。しめやかな雰囲気のなか読経をいただきますので、最大の配慮が必要です。お焼香はご夫婦で代わり合ってお子様の面倒を見る感じでお済ませいただきます。

またお子様が泣きそうだなと感じる場合は、スタッフの方に申し出て「式場の出入り口付近の席」に座らせてもらうのもひとつの方法です。すぐに式場から出ることができますので。

妊婦の方の参列について

よく妊婦の方はお葬式に参列してはいけないとか、火葬場に同行しないほうがよいとか様々な説がありますが、どうすればいいのかご説明致します。

結論から申しますと、妊婦の方が葬儀に参列したり、火葬場に走行すのはとくに問題御座いません。母子ともに妊娠期間中はとても大切な時期となりますので、体調面に配慮していただき、葬儀にご参列下さいませ。無理して参列することはありませんので体調を重視してお考え下さい。参列できない場合は、故人・ご家族に対してお悔やみの弔電を送る方も多くいらっしゃいます。

また、出産後でもかまいませんのでお仏壇に手をあわせて、お線香あげていただければと思います。

よく妊婦様が葬儀に参列する際に「お腹に鏡を入れて」参列したほうがいいとよく言いますが、迷信的なものとなります。気にされるようでしたら「鏡を外側に向けて」お腹辺りに入れておくとよいでしょう。

適切に対応できる葬祭プラン

弊社ではお子様連れ・妊婦の方の参列にも適切に対応できるスタッフが葬儀のお手伝いをしておりますので、安心してご参列下さい。

また最適な葬祭場のご紹介も致しますのでご相談下さいませ。

式場料金・火葬料が含まれた格安家族葬プラン

大阪市公営の葬儀式場

お問い合わせ

24時間体制で専任担当者が「申込・相談」の受付をおこなっておりますので、お気軽にご相談下さいませ。お電話・メールにてお伺い致します。

電話をかける
メールで確認する
タイトルとURLをコピーしました