孤独死・身寄りのない方の葬儀

ブログ

社会問題になっている「孤独死」について

近年、社会問題にもなっている「孤独死」ってご存じですか。

何らかのご事情で親族とは疎遠になり、生計をともにするご家族もなく、社会的な接点もほとんどない方を一般的に「独居老人」と呼ばれています。このような方に万が一のことがあれば「孤独死」になるケースがほとんどです。

一人暮らしの高齢者の方で身寄りがない場合、ご逝去後の発見が遅れるケースが多くなっているのも問題視されております。

孤独死の場合、葬儀はどうなるのか

孤独死された場合、その方のお葬式はどうなるのか?また誰が執り行うのか、その葬儀費用の負担はどうなるのかをご説明致します。

まずご自宅などでご逝去され、本人確認がとれている場合は、まず警察がご逝去された方の「遺族・親族」がいるのかを調べ、いらっしゃる場合は「遺体の引き取り」の意思があるか確認をおこないます。

仮に息子様がいたとしても、疎遠になっているので関わりを持ちたくないなどの理由で、遺体の引き取りを拒否するケースも少なくありません。このような場合は「お葬式を行う方がだれもいない」と判断され、大阪市でご逝去された場合は大阪市がその葬儀費用を負担し、葬祭扶助での葬儀として故人を荼毘にふします。

火葬後の遺骨の取り扱いについて

遺族などが葬儀をおこなう場合には、火葬後に故人の遺骨をお拾いになり、お墓などの納骨する場合がほとんどですが、孤独死で身寄りがいない方の場合、大阪市では遺骨の一部を火葬をおこなった斎場にて「1年間」保管するシステムになっています。

保管期間の1年以内に、遺族・親族からの遺骨引き取りの希望があれば、遺族の手に遺骨が渡されます。また保管期間内に希望者が現れない時は、大阪市平野区にある大阪市立 瓜破斎場内にある共同埋葬墓に丁重に埋葬されます。

孤独死・身寄りのない方の葬儀もお任せ下さい

大阪市西成区の葬儀社「葬優社」では、身寄りのない方のお葬式、孤独死の方の葬儀にも迅速に対応する葬儀社です。賃貸マンションやアパートで孤独死され、お葬式をおこなう遺族や親族が誰もいななどでお困りの方もご相談下さい。

ご提案プラン

お葬式をおこなう遺族・親族がいない場合は、大阪市が葬儀費用負担をおこない火葬をおこないます。弊社にて葬儀に関するお手続きもすべておこないますのでご安心下さい。

  • 身寄りのいない方のお葬式
  • 孤独死でお困りの方
  • 葬儀費用の負担なしの葬儀
  • お手続きは弊社でおこないます

お問い合わせ

電話をかける
メールで確認する
タイトルとURLをコピーしました