お棺の中に入れる副葬品について

副葬品についてブログ

副葬品とは

副葬品とは故人を弔う際に、愛用していた服、愛読していた本のことなどを指します。現在ではほとんどが火葬のため、燃え残るものなどを副葬品としてお棺の中に入れることは禁止されています。

副葬品として燃えないこもを入れてしまうと、お骨上げの邪魔になったり、火葬時間が長くなったり、燃え残りの副葬品の処分にも困るからです。

副葬品として入れていい物

副葬品としてお棺の中に入れる代表的な物は「洋服などの衣類」です。

気に入って愛用されていた洋服や着物をはじめ、帽子やハンカチなどをお棺によく副葬品として入れて頂いております。

愛読されていた本などを入れて頂くことは可能ですが、2冊程度でお願いしております。本は紙なのでもちろん燃えますが、紙の燃えカスで遺骨が埋もれてしまったり、燃えカスが舞い上がったりするため、たくさん入れて頂くのは控えて頂いております。

副葬品として入れてはいけない物

入れてはいけない物と代表として一番多いのが「メガネ」です。

フレームが燃え残ったり、レンズが溶けてお骨に不着する恐れも御座いますのでご遠慮頂いております。金属・ガラス製品などはお入れいただけません

あと多いのが愛用されていた「杖」になります。木製に杖でしたら大丈夫なのですが、中に鉄の棒が入っている杖や、カーボン製・金属製の杖はお棺にお入れ頂けません。

ゴルフクラブや釣り竿などもお棺に入れることはできない場合がほとんどです。お棺の中に入れる為の「副葬品用のゴルフクラブ」なども御座います。

最近は少なくなりましたが「カセットテープやビデオテープ」もお棺にいれることは禁止されています。燃えるイメージがありますが、磁気テープは燃えません。ケースが溶けて磁気テープだけが残り「お骨と絡み合って」斎場の職員さんに怒られた苦い記憶が御座います。

ペースメーカーの取り扱いについて

病院によっては、ご逝去後にペースメーカーを取り外す場合もありますが、装着したままでも火葬は可能となります。

火葬時に爆発する恐れがあるため、ペースメーカーを装着されている場合はお申し出いただければ、斎場へ「ペースメーカー有り」で火葬対応致しますのでご安心下さい。

おすすめのプラン

当社では大阪市営斎場(火葬場)内にある葬儀式場を利用した火葬・葬儀・家族葬・福祉葬をお手伝いしております。お安い料金での葬儀社をお探しならご検討下さい。

安くて豪華な葬儀プラン

大阪市営斎場専用の格安葬儀プラン

大阪市運営の公営式場のご紹介

大阪市が運営する公営式場のご紹介

お問い合わせ

電話をかける
メールで資料請求する
タイトルとURLをコピーしました